読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

未確認で進行形で備忘録

映画とかアニメとかについて書きます 連絡先⇒ twdkr529@yahoo.co.jp

R.O.D-THE TV-一話の脚本起こし

ひと月に一回は必ず見るのがR.O.D-THE TV-の一話から三話。死ぬほど何度も見てるんだけど、なぜか見るたびに面白い倉田舛成コンビの金字塔(僕調べ)。

見ながら何となく脚本に起こしていき始めたら意外と大変だったけど、見てるだけでは全く気付かないことが結構あった(視聴モードの僕がシンプルにポンコツなだけかも知れんけども)。

あくまで中心の軌道はねねねとアニタの関係なわけで、そういう話なのにアニタを最初から出しちゃうとミシェールとマギーのキャラクターが薄くなる。だからアニタは最初お留守番。

羽田から飛行機に乗ったねねね先生。そこで自己紹介のモノローグを入れてもいいんだけど、それは三姉妹との交流のなかでやる。次のカットでもう台湾。OVAでも日本にいた読子が一瞬でイギリスに移動していたりする。映像のリズムではそれが正解なのは見てて面白いから僕らはわかってるけど、多分文面だと大丈夫かコレって思う。この辺が文面上の生理と映像の生理の違いなのかな。

モノローグが要らないのは何しろなかなかトチ狂った名前だから「ぬぬぬじゃねぇねねねだ」のくだりで一発で名前を記憶できるし、パーソナリティや過去を吐露するイベントはアニタとの関係を発展させるために取ってあったり。

あとミシェールが口を開けば必ず失礼でヤバすぎる。

他にも色々あったけど、メモし忘れた。

 

○イメージ空間(未来)

  モノクロの空間。紙が舞い、影で出来たキャラクターの像が現れては消える。

ねねね「アンタ、あたしの本の何を読んできたの?」

マギー「姉さんに比べれば全然だ」

ミシェール「大丈夫、必ずあなたを守ってあげる」

アニタ「ただいまー(ハッとして)」

倒れているアニタ。囲むミシェール、マギー。

ミシェール「ごめん……ごめんね……」

 

○空港

座っているねねね。その前に編集者・李さん。

李「滝浦先生の原稿がやっとあがりそうで。御一緒できなくて、すいません」

ねねね「(少し笑いながら)現役で書いてる人の方が大切だもんね」

李「(困って)いえ、そういうわけでは……」

ねねね「冗談」

  立ち上がるねねね。

ねねね「記者会見とサイン会だけでしょ」

  歩いていくねねね。李はそのまま。

李「向こうの空港で、ガイドが待ってるはずですから」

ねねね「おっけ~」

  後ろ手に手を振る。

 

○飛び立つ飛行機

  空港の屋上に李がそれを見上げている。

李「ちゃんと帰ってきてくださいよ……おっと」

  タバコと間違えペンをくわえそうになる(李は禁煙中)。

 

○飛行機・中

  席に座り窓の外を見ながら、ペンダントを指で弄ぶねねね。

 

○香港・空港

  旅客機が並んでいる。

 

○空港・内

  混雑している人ごみのなかを歩くねねね。

  そのなかに、一人おおきな紙を掲げているのに気づく。『歓迎・菫川ぬぬぬ先生!』

  すぐさまそこまで歩いていき、紙をバシッと叩く。

ミシェール「あらっ、あららっ」

  よろけるミシェール・チャン。紙をおろし、目の前のねねねを見てパッと笑顔になり

ミシェール「菫川先生ですか。ガイドのミシェール・チャンと申します。24歳です。好きな本は、ハリー・ポッターシリー……」

  ねねね、ズビシ!とミシェールの顔に指をさす。

ねねね「私はねねね。菫川ねねね!」

ミシェール「は?」

  紙を指さし、

ねねね「これはぬぬぬ!」」

ミシェール「ぬぬぬ……?ねねね……?(紙を見て)あらら~」

  さっさと歩いて行ってしまうねねね。

  ミシェール、あわわとなり、自分の頬をつねる。

 

○空港・外

  車を待たせてある空港の玄関口を出てくるミシェールとねねね。道路には車が置いてある。

ミシェール「まずは、ホテルへご案内します」

  ミシェールが車のドアに手をかけるが、開かない。困った表情でなかを見る。が、誰もいない。はァ、と呆れた様子のねねね。

ミシェール「マギーちゃーん。マギーちゃーん」

マギー「ここ……」

  と、ねねねの後ろから背の高い女性が。マギー・チャン(19)である。

  マギーの顔を見上げるねねね。

ミシェール「どこ行ってたのーもー」

マギー「おしっこ……」

  ミシェール、マギーに駆け寄り

ミシェール「先生に失礼でしょ!(マギーを紹介する風に)運転します。マギーちゃんです。無口で、無愛想で、おっきくて、好きな作家はヘミングウェイで、あんまり女の子っぽくありませんが、とってもいい子です」

  言いながら、マギーのポケットから鍵を取り車のドアを開ける。

マギー「姉さん……」

ねねね「姉さん?」

ミシェール「(笑顔で)はい。私たち姉妹なんです。仲良しの」

ねねね「ふーん」

  マギーが後部座席のドアを開けて

マギー「どうぞ」

  ねねね、後部座席に座る。

マギー「先生の本も……」

ねねね「?」

マギー「(照れた表情で)ヘミングウェイも好きですが……先生の本も大好きです」

ねねね「(はぁ、という表情で見上げながら)ありがとう」

 

○橋を走る車

  運転席にマギー。助手席にミシェール。後部座席に座るねねねは手足を投げ出して脱力気味。

ミシェール「映画化ということで、日本でも話題になっているんでしょう?」

  笑顔で後部座席に振り向いているミシェール。 

ねねねは窓の外をぼーっと見ている。

ねねね「別に……あの本出たの、もう4年も前だし」

ミシェール「はぁ……」

ねねね「あれからもう、一冊も書いてないし」

ミシェール「そうなんですか……」

ねねね「日本じゃもう、忘れられた作家なのよ」

  息詰まる社内の空気に、しゅんとなっているミシェール。が、パッと外の風景に気が付き、

ミシェール「あっ、香港島!あそこに見えるのが香港島です。その隣が、九龍半島です!」

  香港島と、九龍半島が並ぶ美しい風景。

 

○ホテル前に駐車している車

  の、中でスケジュール帳を見ているミシェール

ミシェール「打ち合わせまでゆっくり休んでください。最上階の、スイートルームです」

ねねね「ふーん」

  ゆっくり発進する車。

  車に揺られて、相変わらず気だるそうに最上階を見上げるねねね。と、突然その最上      

  階が爆発!

  驚く3人。マギー、車を急発進!ギュルギュルとタイヤの摩擦音を鳴らしながら降ってくる石材の破片を避ける!激しい運転にねねねがよろける。

ねねね「ぐぅ!」

  急ドリフトに急ブレーキ!目の前に落ちた燃えているキッチン。

  滅茶苦茶になった車内で、ぐったりしているねねね。ミシェール。マギー。

  救急車と消防車のサイレン音。

 

○警察署・内

  並んでソファに座っているミシェール、ねねね、そして気の弱そうな香港側マネージャー。ミシェールの後ろにはマギー。

刑事「『小賢しい日本のメス犬。駄文と共に地獄に落ちろ。恥知らずの映画会社も猛省せよ』。犯行声明でしょう。名前は書いてませんが。遅れて幸いでしたな」

  ねねね達の前に机を挟んで立っている刑事。厄介な事件だ……といった様子。机に文面の書かれた紙を置く。

マネージャー「一体だれが……」

刑事「反日感情の強い、イカれた奴だと思いますが……」

  ミシェールが、そっと紙を見ようと手を伸ばす。

  刑事が紙の上にバンッ!と手を置いて

刑事「……心当たりは?」

  ねねね、腕と脚を組んでどっしり構え、

ねねね「ないわよ」

  シーンとなった部屋。

奥に座っていた署長が、

署長「どうします……明日は」

刑事「(座って)中止でしょう、当然」

マネージャー「そうですね……先生の安全が第一ですし」

ねねね「イヤよ」

  ねねねの言葉に「は?」となる一同。

  変わらずどっしり構えているねねね。

ねねね「ここで尻尾をまいて帰ったら、その馬鹿に負けたことになるじゃない」

マネージャー「しかし……」

ねねね「馬鹿に馬鹿にされて黙ってられる?」

刑事「あなたのワガママに警護をつけろと?」

  ねねね、バシッと机を叩き

ねねね「ワガママァ!?何がワガママ。これはワタシのプライドの問題よ」

  ズイッと刑事に寄るねねね。

ねねね「この野郎はね。ワタシの本を暴力で抹殺しようとしてんのよ!それに警護なんて期待しちゃいない。デビューから10年間、こんな馬鹿に追っかけられっぱなし……でもね!一度だって屈したこと無い!」

  驚いているマギー、ミシェール

ねねね「とにかく!明日はサイン書きまくってやるわ!」

  机に足をドンッと乗せる。拳を握りしめ

ねねね「来るなら来い!犯人の顔に放送禁止マーク書いてやる!!」

  ……パチパチと拍手の音。

ねねね「ん?」

  ねねねが横を見ると、泣きながら拍手しているミシェールが。

ミシェール「それでこそ作家です。なんて男らしい!とても女性には思えません」

マギー「姉さん……」

ミシェール「(立ち上がりながら)明日の警護、私たちも参加させていただけませんか?」

  感極まった様子で

刑事「アンタらガイドだろ?」

ミシェール「危険は承知です!でも、菫川先生をこのまま放っておけません。この命に代えても、お守りする次第です……マギーちゃんが」

マギー「え!?」

  マネージャーの携帯電話が鳴る。

マネージャー「はい……はい……しかし……」

  相手は続行をすすめている模様。

  ねねね、うなだれるマギーと、その肩をポンポンと叩くミシェールを見る。ミシェール、ねねねの方を向き、笑う。マギーも照れ笑い。

  ねねね、柔らかい笑顔に。

マネージャー「はい……了解しました」

  ピッと電話を切るマネージャー。

マネージャー「あのぅ……予定通り行うことになりました。こちらでも警護の者を用意し

ます」

  ねねね、どうだ!と言わんばかりにソファにドカッと座る。やれやれ、といった様子の刑事。

マネージャー「先生には、新しいホテルをご用意して……」

ミシェール「(手を挙げて)ハイッ!いい考えが」

 

○夕陽の香港

 

○薄暗い石造りのマンション

  天井にはパイプ、壁には破かれたポスターや無造作な配線。暗い階段を昇る3人。

ミシェール「足下に注意してください」

ねねね「ここにあるの、アンタ達の家」

  部屋のドアに辿り着く。表札に『三姉妹探偵社』とある。

ねねね「探偵……?」

  「え?」という表情、そして「ああ!」と気付き

ミシェール「こっちが本業なんです。人や猫や本をお探しでしたら、ご相談ください」

  ミシェール、ドアノブに手をかける。が、ドアがガタガタと震えて、内側からの圧力に耐えている様子。

  マギーがさっとねねねを抱き寄せる。

  バキッという音がしてなかから大量の本が雪崩れる!階段まで本だらけ。

ミシェールブックドラフトです……今月もう5回目……」

  驚いているねねね。廊下に出来た本の山から何者かの手が突き出ているのを見つける。その手を掴み、引っこ抜く。

  ズボッ!と抜け出てきたのは小さな女の子、アニタ・キング(13)。

ミシェール「末っ子の、アニタちゃんです」

アニタ「本なんて……大嫌いだー!」

  叫びながら、四肢を広げる。

ねねね「大声出すな!このちびっこ!」

  ガバッと起き上がるアニタ

アニタ「誰よアンタ」

ねねね「私はねねね。菫川ねねねよ」

アニタ「変な名前―」

ねねね「なんだとー!」

  掴みかかろうとするねねね。手を構えるアニタ

ミシェール「まぁまぁ」

 

○3姉妹の部屋・内

  本の山が大量に、さしずめ本の山脈。

  そのなかでなんとか残っている生存スペースに、小さな机(机上にも本の山)。机を取り囲み座っている3姉妹+ねねね。

アニタ「なんで見ず知らずの人を泊めなきゃなんないのー」

ミシェール「何を言うのー。先生の本は私たちの愛読書。その作者となれば、身内も同然」

  と、お茶を運んでくるミシェール。マギーが本をアニタ側に寄せようとする。

アニタ「(足でそれを止めながら)アタシこの人の本なんか読んだこと無い!」

ミシェール「作家先生にお泊りいただくなんて、ビブリオマニアにとって光栄の極みなのに」

アニタ「アタシ、マニアなんかじゃない!」

  ねねね、すくっと立ち上がり、

ねねね「お邪魔みたいね」

  と、出口の方へ歩いていく。

ミシェール「あっ、あっ!先生!」

  ミシェール、追いかけ、腕を組んでねねねを止める。

ミシェール「お待ちください!……3姉妹会議を行います。賛成の人!」

  ミシェール、手を挙げる。マギーも。

ミシェール「反対の人!」

  アニタが両手を挙げる。

ミシェール「はい、けってーい」

アニタ「ズルい!横暴だ!」

ミシェール「(マギーと手を合わせて)民主的解決法よ?」

  嬉しそうなミシェール、マギー。ぐぐぐ、という表情のアニタ

  ねねね、やれやれといった表情。そこに、マギーが本を持って、

マギー「あの……」

ねねね「え?」

マギー「あとで本にサイン……いただけますか」

ミシェール「あ!私も私も」

ねねね「いいけど別に」

ミシェール「わぁい!」

マギー「あ、ありがとうございます」

  ミシェールとマギーが、にんまりとした顔でアニタへ向く。

アニタ「要らん!」

 

○香港・夜

  曇りの空。怪しげなネオンの光。ゴロゴロと雷の鳴る音。

 

○3姉妹の部屋・寝室

  もちろん本だらけの部屋。それぞれの場所で寝ている3姉妹。マギーは机の下(狭いところが好き)。

  二段ベッドの下で寝転がるねねね(上の段にはアニタ)。

ねねね「何やってんだろ……」

  枕元には『真夜中の解放区』。その上に、畳んだメガネ。

   ×    ×   ×

  トイレから出てくるアニタ。眠たげに二段ベッドを昇ろうとするが、ねねねがいないことに気付く。

  ミシェールの体を揺らし

アニタ「お姉、お姉。センセーのやついないよ」

ミシェール「むにゃむにゃ……むにゃ!」

マギー「!」

  パッと起きるミシェール。奥の方でギョロっと猫のように目を剥くマギー。

 

○どしゃ降りの街中

  雨が酷い。「私はこっちを」といって別方向に走るアニタミシェール。マギーは部屋で警察?に電話している。

  道路――。

  コンビニ――。

  繁華街――。

  駆けまわるアニタ。書店の前で傘も無く佇むねねねを見つける。

アニタ「そこのバカ!」

  ねねね、呆然としながら、アニタの方を向く。

アニタ「この辺は夜あぶないんだから!」

ねねね「ごめん……」

アニタ「ごめんで済むか!帰るよ、おい」

  アニタ、ねねねの腕を引っ張る。力なくうなだれたねねねの手が、『真夜中の解放区』を本を落とす。

  アニタ、ねねねの様子がおかしいと気付く。

 

○アパートの階段

  で、雨宿りがてら座り込んでいる2人。

ねねね「昔のこと思い出しちゃって……。この本書いた時の事。友達がいたんだ。本が好きで、ずっと本に埋もれてた。

アニタ「(いやそうに)お姉たちと一緒」

ねねね「アタシの書く本、好きって言ってくれて」

アニタ「物好き~!」

ねねね「(小さく笑って)でもね、ある日、いなくなっちゃった。何にも云わずに、何処かへ行っちゃった」

  アニタ、顔をうずめるねねねを見る。

ねねね「この本の感想聞いてないし。聞かないと何だか次に進めない気がして」

アニタ「……好きだったの?」

  ねねね、少しだけアニタの方に顔を向けて

ねねね「女の人だよ」

  アニタ、恥ずかしそうに頬を赤らめる。

ねねね「でもどうかな……好きっていうか、大切な人だったと思う」

アニタ「大切な人かぁ……」

ねねね「うん。本当に本が好きな人だったから、どっかの本屋にひょこっといそうな気がして」

アニタ「いいじゃん」

  よいしょ、と立ち上がるアニタ

アニタ「大切な人なんでしょ?ならそのうちまた会えるって」

ねねね「4年も音沙汰なしなのに?」

アニタ「関係ないよ。世界はそういう風に出来てんだから」

  はっとした表情のねねね。くすくすっと笑い、

ねねね「生意気だね、ちびっこ」

アニタ「そっちこそ、子供みたいに迷惑かけないでよ」

ねねね「(鼻ほじりながら)はいはい」

アニタ「(ぐぬぬ……として)いこ?お姉たち心配してるよ」

  いつの間にか雨は止んで、雲の隙間から満月の光が見える。

  ネオンのなかを歩いていく二人。もうわだかまりはなさそうだ。

 

○黒いスクリーンに「殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺殺」

 

○サイン会場

  厳戒態勢のサイン会場。大勢のファンたちが警備員の作るコースに並ばされている。

  特設スペースでねねねがサインをしている。が、その席は列からは遠く、厳重にボディチェックされたファンが、一人ずつ交代にその長い道のりを歩いてねねねの元へ行く。警備員達が無線で話す声。「正面入り口、現在のところ異常なし」。外にはヘリまで。

  その道のりの脇には3姉妹。

マギー「さっき、ネットで告知があったみたい。先生を襲うって」

  アニタがねねねの方を見る。

ファン「新作、頑張ってください」

  ねねね、困ったように笑う。

  時間が過ぎて行く――。

  ドサッ!となかば乱暴にねねねの前に本が置かれる。

ねねね「?私の本じゃないよ?」

怪しい男(犯人)「あぁ……俺の本だ」

  と、血色の悪い怪しげな男が胸ポケットからゆっくりとペンを引き抜き、同時に本の表紙を開く――中には爆弾!

ねねね「!」

  男がすぐさま爆弾とねねねの手首を手錠で繋げる!

  瞬時に反応する周囲の警察官。

怪しい男「動くな!動くとこいつを、爆発させるぞ」

  飛び出そうとするアニタを抑えるミシェール、マギー。呆気にとられて。

  後ずさる警察官が、背にあった本の山を崩し、本が落下。と、堰を切ったようにファンの列から悲鳴が。一斉に逃げ出すファン。

  大混乱のなか、机が倒れ、その影に刑事がスライディング。部下たちも物陰に隠れて様子を窺う。

無線の声「犯人が現れました。爆発物を持っている模様。170センチ、やせ形の男。身

元は不明」

  高らかに爆発物とそれを繋いだねねねの手首を挙げる男。醜悪な笑み。

怪しい男「武器を捨てろ!」

  男、爆弾とねねねの腕を机におろし、ねねねの手にペンを持たせる。中には鉄球が入っており、それを磁石で中央に留めている。

怪しい男「なかのボールが左右に触れたら爆発する……」

  と、磁石を外す。同時にピー、ピーと音を鳴らし始める爆弾。

  3姉妹がじりじりとその光景を見つめて、3人の顔が頷きあう。

刑事「なんだ、貴様は!」

  という刑事の声に反応し顔を向けた男。その瞬間を狙ってマギーの後ろに隠れるアニタ

怪しい男「(ニヤリと)俺は作家だ!」

  ジャケットの裏地を見せる。中には原稿用紙の束。

刑事「どういうつもりだ」

怪しい男「なんでコイツの与太話が映画にまでなって、俺の小説が読んでもらえない」

  マネージャーが刑事に耳打ち。

マネージャー「持ち込みに来ました。何か月か前に」

  その間、アニタがエルードで男とねねねの横まで進む。

  アニタ、腕の力だけで飛び出し、本の山の影に着地――パタン!とミシェールがバッグを落とす。その音で着地音がかき消される。

  怪しい男が音に反応しミシェールに銃を向ける。

ミシェール「すいません……緊張して」

怪しい男「迂闊に動くな!吹っ飛ばすぞ!」

  アニタ、本の「紙」束を操作し、小さな穴を開け、そこからねねね達の様子と、そこ

  までの距離を目測する。

刑事「馬鹿な真似はよせ!たかが小説じゃないか!」

怪しい男「たかがだと……?俺は命をかけてんだ!」

  男、胸元の原稿用紙を机に叩きつける。振動でねねねのペンが揺れる。中の鉄球が隅  

  に……ギリギリで持ちこたえる。震えるねねねの手。

怪しい男「この国で産まれて育って……すべてを犠牲にして書いて来たんだ!なのにこんな余所者の女ばっかり」

ねねね「(息をゆっくり吸い、決意の表情で)そうね。私は余所者よ」

怪しい男「!」

  緊張の面持ちで見ているアニタミシェール、マギー。

ねねね「でもワタシの小説は余所者なんかじゃない。ページを開くのが誰かなんて関係な 

 い」

怪しい男「うるさい……!」

ねねね「アンタも作家なら、作品でワタシを殺してみなさいよ!こんな爆弾なんかじゃ、

ワタシは絶対に死ねない!」

怪しい男「(気圧されて)このぉ……もう終わりだぁ!」

  男、ねねねの手を取り、ペンを振り落とす!

  アニタが飛び出し、「紙」で爆弾と手錠を繋ぐ紐を切る。

  ねねねの「え?」という表情。

  マギーがすかさず紙で傀儡を召喚、男を抑える。

  宙に浮くペン――鉄球が底に……。

  ミシェールが紙で弓を作り、射る――矢が爆弾を包み、窓の外へ。

  マギーが紙を拡散させて窓を覆う。

  カチッとペンが落ち、鉄球が底に触れ――爆発!

  爆風で建物が揺れる。ねねねを庇っているアニタ

  窓を覆った紙が剥がれて、外から光が。

マギー「(アニタに)大丈夫か?」

アニタ「どうにか。犯人は?」

マギー「そこで転がってる」

ミシェール「先生は!先生は無事?」

アニタ「そこで転がってる」

  ねねね、ハッと気づいて、起き上がる。

ねねね「アンタ達、紙が使えるの!」

アニタ「あ、うん」

  ねねねの顔、ぱぁっと明るくなり、胸のペンダントを開く。なかには「読子・リード

マン」の写真。

ねねね「この人、知らない?」

  顔を見合わせる3姉妹。

アニタ「知らない」

マギー「うん」

ミシェール「見たことありません」

  「そっか……」という表情のねねね。

   ×    ×   ×

刑事「何が起こったんだ……?」

  気を失い倒れている犯人。胸元からこぼれた原稿用紙を拾うミシェール

マギー「どうするの?」

ミシェール「せっかくだから、読んでみる」

マギー「あとで読ませて」

  少し離れところで、窓辺に佇むねねねを見るアニタ

  紙がその脇を抜けて、空に漂っていく……。

 

○空港(遠景)

  ねねねの声「まぁ、お礼は言っとくわ。助けてもらったし」

  アニタの声「お礼ならお金でちょーだい」  

  マギーの声「アニタ……」

 

○空港・ロビー

  出発のときが近い。ねねねの前にマギー、アニタミシェールはいない。

  マギーがアニタの頭を抑える。笑うねねね。

アニタ「でもミー姉どうしたんだろ」

マギー「すいません……」

ねねね「謝ることないって」

マギー「すいません……」

ねねね「(鞄を開けて)はい、これ。ミシェールさんにも」

  ねねね、マギーに二冊の本を渡す。約束のサイン本だ。

マギー「(嬉しそうに)うわぁ……か、家宝にします」

ねねね「大げさだって」

  つまんなそうにそっぽを向くアニタ。その頭にポンっと本が置かれる。

アニタ「?」

ねねね「一応アンタにも」

  アニタ、その本を要らなそうに手に取り、

アニタ「売ったらいくらになるかな」

マギー「アニタ……」

  憎まれ口に、優しい笑顔のねねね。

 

○飛び立つ飛行機

 

○空港・ロビー

  アニタが本を開いている。中にはサイン。「菫川ねねね Thank you!」

  小さく笑うアニタ

  そこにミシェールが駆け寄ってくる。

アニタ「何してたの。アイツもう行っちゃったよ」

  息を整えるミシェール

ミシェール「(呼吸が乱れて)筆跡が……二つ。あの小説、合作なの」

マギー「姉さん……?」

ミシェール「作者がもう一人いるの!」

アニタ「!」

 

○夕焼け空を飛ぶ飛行機

乗務員の悲鳴「キャア!」

 

○飛行機・内

  座ったねねねに銃を突き付けている男。さっきの男によく似ている。

  驚く乗客たち。

犯人・兄「(乗客に銃を向けて)動くな。座ってろ」

  再びねねねに向かって、

犯人・兄「弟が世話になったな」

ねねね「アンタら狂ってるわ。どうしてその情熱を作品に向けないの」

犯人・兄「向けてるさ。そこからこぼれたやつが俺達を突き動かすんだ」

  銃でねねねの胸を触り、

犯人・兄「それとももう枯れ果てたか……?ククッ」

  犯人、邪悪に笑う。

怒りの表情のねねね、FUCKサイン。

犯人がすぐさま銃口を向けるが、ねねねはFUCKの中指を銃口に突き刺す。

ねねね「一緒にしないで。アンタ達は小説ごっこにもだえてる人間のクズよ」

犯人・兄「うるさぁい!」

  犯人、距離を取り、銃口をねねねに……と、何かに気付く。

犯人・兄「?……うぁぁ……」

  窓からドンドンドン!とノック音。

  ねねねが振り向く。窓にアニタが張り付いている。

犯人・兄「うわぁ!」

  ズドン!と発砲。銃弾が窓を貫きアニタの胸へ。

ねねね「アニタ!」

  アニタが離れて行く――飛行機から紙で出来た巨鳥が離れる。混乱した犯人が窓に乱

  射。

  気圧異常。機内の電源が落ちて天井から一斉に酸素呼吸器が。大きく揺れる機体。

犯人・兄「うわぁ!」

  乗客たちも混乱。

 

○紙の巨鳥・内

  アニタが戻って来る。

  ミシェールが毛布で抱きしめ、酸素ボンベを当てる。

アニタ「(苦しそうに)だめ……入れない」

ミシェール「マギーちゃん、前に」

マギー「(頷く)」

  巨鳥が飛行機の前方へ。

 

○飛行機・コックピット

  ビー!ビー!異常を知らせる音が鳴るコックピット。電気系統チェックをしている機

長たち。

機長「後ろで何が起きてる!」

パイロット「前を!」

機長「!……鳥?」

  旋回して目の前から接近してくる巨鳥。ギリギリのすれ違いざまに紙の球体が発射さ

れる。

球体がコックピットのガラスを割り、中からアニタが。球体の紙はそのままガラスの

穴を抑える。

紙を鋭い刃物にして、扉を切り裂くアニタ

素早く犯人に突進して行く。

犯人がアニタに気付き、銃を向け――一瞬で銃身が切り裂かれる!

跳躍したアニタの回転蹴り。吹き飛ばされる犯人。

アニタ、紙を飛ばして窓の穴を塞ぐ。

束の間の安定。

唖然としているねねね。

アニタ「生きてる?」

  ねねね、アニタに掴みかかり

ねねね「何しに来たのよちびっこ!危ないじゃないの!」

アニタ「(ムッとして)そういう言い方あるー?命の恩人に」

  ねねねの怒りの表情、ゆるんで。それを見たアニタがにんまりと

アニタ「まぁでも、御相子かな」

  腹からサイン本を取り出す。銃弾がめり込んでいる。

アニタ「次からはもっと厚い本にしてよー。ワタシ防御系は苦手なんだから」

  間。そして掴み合い。

ねねね「うるっさいちびっこ!」

アニタ「イテテテテテ」

  と、再び機体が大きく揺れる!エンジンが爆発!

ねねね「墜落!」

アニタ「大丈夫!お姉たちがいる!」

 

○高度が下がっていく飛行機

  の、下から巨鳥が回り込み、紙に分解。飛行機ごと包み込む。

   ×   ×   ×

マギー「姉さん……重いっ!」

ミシェール「軽く、するわっ!」

  ミシェールの放った紙の鎖刃が飛行機の翼を切り裂く。

  翼が海に落下!大きな水柱を立てる。

  飛行機を包んだ紙が再び巨鳥になって、高度を上げて行く。

  羽田が見えてきた!

 

羽田空港

  飛行機の異常を知った人々がロビーに集まっている。その中には出迎えの李さんも。

???「929号便の消息は未だ不明ですが、みなさんで無事を祈りましょう!こちらが

御利益のある壺です」

子供「あれなにー?」

  窓に駆け寄る人々。李、思わずペンを落とす。

  発着路にギリギリで辿り着く巨鳥。

  紙がみるみる剥がれて行き、機体が露わに。

  そのままスライディングしていく機体。

  次第にゆっくりになり……李さんの目の前の窓に、コツン。

   ×   ×   ×

  消防車が機体の周りに集まってくる。

  機体の上で寝転がるミシェールとマギー。

ミシェール「マギーちゃん。神保町って行ったこと無いでしょ」

マギー「うん」

ミシェール「セカイで一番本がある街なんだって。後で行ってみましょ」

   ×   ×   ×

  窓から外を眺めるねねねとアニタ

ねねね「どーすんのよコレ」

アニタ「(鼻をほじりながら)知―らない。アンタちゃちゃっと言い訳考えてよ。得意でしょ

ー」

  ガシッ!とアニタの頭を掴む。

ねねね「こんなバカ騒ぎ誰が考えるか!ボツだボツ。リアリティがなさすぎる!」

アニタ「ひっどーい。この恩知らず!」

ねねね「御相子っつったじゃない!」

  そんな喧噪のなか、たくさんの紙が舞っている……。